剛毛だけど脱毛しても大丈夫?

ミュゼプラチナム大森

剛毛のタイプでも、脱毛をすることは可能ですし、むしろ永久脱毛でスッキリさせたほうが良いタイプです。それどころか、医療レーザーでの処理だったら、剛毛の方が結果が出やすいですし、およそ6回程の脱毛のためにクリニックへ通い照射をすることで、美しい肌に変わることができます。医療レーザー脱毛の仕組みは、特殊なレーザー光をムダ毛をなくしたいパーツに照射して、体毛の根元の毛乳頭組織を高熱で破壊することで、永久性がある脱毛を実現します。照射をするレーザー光が反応をするのは、茶色や黒いカラーをしたメラニン色素ですので、存在感がある毛の方が照射での反応効率は格段に良くなります。

 

だから剛毛タイプは、すごく脱毛に適していますし、早く結果を出すのであれば、エステサロンの光脱毛よりも、クリニックで受けることが可能な、医療レーザー脱毛がピッタリです。エステサロンの処理方法は、医療レーザーと似ているので、黒や茶色のメラニン色素への反応をしますが、破壊力はないために減毛という形になります。剛毛でしたら減らすだけではなく、永久性がある脱毛でしっかりとなくしたほうが、将来的にもよいでしょう。

 

医療レーザー脱毛はエステ脱毛よりも効果が高いのは、脱毛マシンの照射出来るパワーのレベルを、高く設定することができるためです。そもそもエステサロンの脱毛機器と、クリニックで使っている医療レーザーのマシンは全く異なります。医療レーザーのマシンは、病院などでしか採用ができない上に、お医者さんや看護師などしか取り扱いは出来ません。誰でも使うことができる、エステサロンの光脱毛の機器とは違うのです。医療レーザー脱毛は効率的ではありますが、毛にはサイクルがありますので、5回から6回はクリニックで照射が必要になります。それは毛のサイクル似合わせるため、およそ2ヶ月から3ヶ月に1回のペースで、医療レーザー脱毛の照射をして、永久脱毛でツルツルにすることができます。